フィリング類とは?


日本コーンスターチのホームページを眺めていますと、
知らない単語が数多く登場してきます。
その中で、今回気になったのは「フィリング類」です。
日本コーンスターチの商品紹介の米澱粉の主な用途として紹介されており、
「フィリング類」は、洋菓子、米粉パン、和菓子、
菓子類と同列に紹介されている食品のようです。
今回はこの「フィリング類」について調べて、紹介したいと思います。

「フィリング」は「詰め物」を意味し、
菓子パンや惣菜パンの中身を指すみたいです。
カレーパンのカレーやサンドイッチで挟まれている具などが
「フィリング」と呼ぶそうです。
なお、トーストの表面にバターやジャムを塗ったものを
「スプレッド」(塗り物)と呼ぶみたいです。
ところで、フルーツタルトのようなものは
どちらに分類されるのでしょうか?

さて、ここで気になるのは、
米澱粉をどのようなフィリングとして扱うのか?という話になります。
正直、洋菓子や米粉パンと一緒にしてもいい気がしますが、
わざわざ、「フィリング類」として別の食材として紹介したのですから、
きっとそれなりの意味があると思われます。
ただし、実際にどんな「フィリング」なのかはまるで分かりません。
シュークリームの中に入れるカスタードクリームや
フロマージュの代用として、米澱粉を入れるのか。
それとも、カスタードクリームやフロマージュに米澱粉を混ぜるのか。
正直、どちらにも当てはまりそうですので、
実際に使用している「フィリング類」を言い当てるのがとても難しいです。

なにか最早おにぎりの具みたいに、
「フィリング類」に無限の可能性が見えてきました。